東京国際映画祭レポート!その1

『トーキョードリフター』東京国際映画祭レポート!その1。

10月22日(土)いよいよ東京国際映画祭が開幕しました!
昨夜からあいにくの雨…果たして無事グリーンカーペットは歩けるのか!?

前野さんが実はとっても“雨男”という噂もちらほら聞こえてきて…心配です。
でも、『トーキョードリフター』は雨の東京の街をさすらう姿が渋いのです!

なんとかお昼すぎには雨も止み、13:30から、グリーンカーペットがスタート!
「ジャッキーの動きは素晴らしいなー」(「さみしいだけ」)と、歌詞にもなっているジャッキーチェン!
控室のモニターからその紳士的な姿を見て感動。。

様々な豪華ゲストが歩いていくなか、いよいよふたりの出番です。

ちなみに、私(スタッフ)が沿道で見ていると、通りかかったご夫婦が、
「井上陽水の真似?井上陽水の映画?」とひそひそ話し合っていました…
井上陽水さんでも、ボブ・ディランでもないです!前野健太です!!

ふたりそろってばっちり!
小さなかわいいギターに“お手製トーキョードリフターステッカー”も大注目の的でした!

 

実は、この日、控室待機中に大事件が起こっていたのです!!!
なんとあのヴィム・ヴェンダース監督と会ってお話しが出来たのです!
監督は、握手にも快く応じてくれ、サインもいただきました。大好きな監督が目の前にいて、もうドキドキしっぱなし。
ふたりのグリーンカーペットランウェイはヴェンダース監督と話した興奮状態冷めやらぬままのランウェイでした。

公式カタログにサイン。羽根が生えてます。松江監督の宝物。

さらにギターにもサイン。こちらは前野さんの宝物。

ヴィム・ヴェンダース監督の『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』は10/25(火)に上映です。
偶然にも同じ日に、『トーキョードリフター』もTOHOシネマズで上映されます。
また劇場で会いたい!そして、ヴェンダース監督にも劇場でぜひ『トーキョードリフター』も見てほしいです!

カテゴリー: 【最新情報】   パーマリンク