【山形国際ドキュンメンタリー映画祭2011】松江監督のトークショー!

2011/10/6~13まで山形県山形市で開催されている
【山形国際ドキュメンタリー映画祭2011】。

【回到一圏:日台ドキュメンタリーの12年後】と題したプログラムの中で、
松江監督の『あんにょんキムチ』と『ライブテープ』の上映と舞台挨拶が行われました。

劇場公開作品だけでなく、
アダルトビデオやテレビ番組、さらに『DV』の話まで
まさに松江監督の12年の足跡を辿るトークショーとなりました。

『あんにょんキムチ』は1999年の映画祭で上映され、数々の賞も受賞した松江監督のデビュー作。
映画祭のスタッフの方から、12年前の映画祭でのエピソードを披露されると、
「あの頃は若かったので…」と照れ笑いする一面も。

舞台挨拶のあとには質疑応答も行われ、
なんと!12年前の映画祭で『あんにょんキムチ』を見ていたというお客さんもいらっしゃいました!

12年間インディペンデントで続けてきて、
これから、自分が日本にいて、東京にいて、どう世界にアプローチしていくか、常に新しいことを考えているという松江監督。

映画はつくるだけでなく、映画館で公開すること、映画祭で上映すること、
批判を受けることもあるけど、直接お客さんに見てもらうことが、本当に映画が完成すること、とも。

最新作『トーキョードリフター』は12/10(土)よりユーロスペースにて公開、
11/19(土)よりオーディトリウム渋谷にて≪松江哲明特集上映 グレイテスト・ヒッツ1999-2011≫も開催されます。

みなさんもぜひ劇場で体験してください!

カテゴリー: 【イベント情報】, 【最新情報】   パーマリンク