【掲載情報】「サイゾー」五所純子さん映画評&松江哲明監督×九龍ジョー氏

【掲載情報】お知らせします。

雑誌「サイゾー」(12/18発売号)→五所純子さんによる映画評
「ライブ映像の新視点」として、他に大友良英さん、ザ・クランプスと一緒にご紹介いただいております。
明日12/20のトークゲストである五所純子さんが、東京の暗さ、目に見えるもの、見えないものについて、評を書いてくださっています。
トークでもじっくり松江監督と語っていただきたいと思います!

さらに「サイゾー」の今号の特集は、テレビ
そのなかで、『トーキョードリフター』制作スタッフでもあり、パンフレットにも寄稿していただいている、ライター・編集者の九龍ジョーさんの原稿も

題して「死んだテレビの“裏”事情|タブーなきテレビドキュメンタリー」!!
そのなかでは、松江監督もインタビューに答えており、今年観たドキュメンタリーのベストといえる作品などを語っております。
松江監督作品にはテレビドキュメンタリー、テレビ番組が大きな影響を与えているともいえます。

その流れについて、
【松江哲明グレイテスト・ヒッツ1999-2011】のチラシ用に九龍ジョーさんが、
寄せてくれたテキストを、HPでも大公開!こちらから!ご覧いただけます。

テレビや映画、ドキュメンタリーとフィクションの枠を自由に飛び越えたつくりをしている松江作品について、読み解くきっかけになるかも!
なるほど、、勉強になります!!

ちなみに「サイゾー」内で松江監督がオススメしているテレビ番組のひとつ「河本準一のイラっとくる韓国語講座」
こちら相っ当面白いらしいです!くわしくはぜひ紙面をチェックしてくださいっ!

カテゴリー: 【メディア情報】, 【最新情報】   パーマリンク