東京国際映画祭レポート!最終日

『トーキョードリフター』東京国際映画祭レポート!最終日!

10/30(日)で9日間の東京国際映画祭が終了いたしました。
最終日には、各作品の受賞作の発表がございました。
「日本映画・ある視点」部門の作品賞は、『ももいろそらを』でした。小林啓一監督初め、みなさんおめでとうございます。

『トーキョードリフター』は残念ながら、受賞には至りませんでしたが、たくさんの方にご覧頂いて、本当にありがとうございました。
お客さん、映画祭スタッフのみなさん、ご協力いただいたみなさんありがとうございます。

「日本映画・ある視点部門」の松江監督、
小林啓一監督(『ももいろそらを』)、杉田協士監督(『返事はいらない』)の3人の座談会の模様が東京国際映画祭のオフィシャルHPにアップされています⇒こちらから
ぜひご覧になってください。

 

残念な気持ちはもちろん、やはり悔しいっ!!ですね。

…というわけで、授賞式のあとは、六本木ハイアット近くの中華料理“中国茶房8”へ。
(あれ、いつも中華ばかり食べている気が…)
松江監督はうまい!安い!楽しい!お店をたくさん知っているのです。
松江監督のグルメ本があったら買うのに…だれか作ってくれませんか!?

よく食べて、よく飲んで、元気にこれからの公開に向けて打ち合わせ!
『トーキョードリフター』も、その前に開催される特集上映≪松江哲明グレイテスト・ヒッツ1999-2011≫も、
ぜひ多くの人にスクリーンで体験してもらいたいです。

松江監督と映画と“トーキョー”という街について、那須千里さんに寄稿していただいてます。
チラシでも、HPからでも読んでいただけます。
特集上映HP≪松江哲明グレイテスト・ヒッツ1999-2011≫
トップページの特集上映のバナーからもご覧いただけます。
『ライブテープ』、『童貞。をプロデュース』『カレーライスの女たち』…そのすべてが『トーキョードリフター』に繋がっていっている気がします。

最後に、
映画祭で『トーキョードリフター』を観てくださったかたからの言葉や、上映後のあの熱気は忘れられないものになりました。
2011年の5月に撮影された映画が、すぐ映画祭で上映することが出来たこともとても意味があったと思います。
あの日からみんなが抱えていたいろんな感情を共有出来たような気がします。
「君からメールきた/同じ時代に生きてるわ」(「コーヒーブルース」)を口ずさみながら、
本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。

 

さてさて、ここからは余談ですが、
映画祭記念に、(私が)用意した(手作り)クッキー。
受賞を逃してしまってので渡のをためらったのですが、松江監督は「おいしい!」と食べてくれました…!
お世辞でもうれしい!やさしい!
12/10のユーロスペースでの初日には、もっととびっきりのプレゼントを用意したいと思います!

映画と音楽と愛と。

カテゴリー: 【最新情報】   パーマリンク