月別アーカイブ: 12月 2011

【2011年トークイベント総集編】

【2011年12月後半のトークイベント 総集編】 さて、ご報告が遅くなってしまいましたが、2011年はたくさんの方にゲストにお越いただき、トークイベントを開催いたしました。 ご紹介出来ていなかったトークについて、こちらでご紹介いたします!  12/18(日)上映終了後 『ライブテープ』、『トーキョードリフター』と英語字幕作業でお世話になっている、日本映像翻訳アカデミーの、石井清猛さん、デヴィッド・ニストさんをゲストにお招きいたしました。 左から:石井清猛さん、デヴィッド・ニストさん、松江哲明監督 この日は、ユーロスペース公開中の唯一の英語字幕上映。 前野健太さんの歌詞の翻訳には大変苦労されたそうで、松江監督、前野さん本人も参加し、72分の作品ですが、丸2日以上かかった翻訳作業だったそうです。 たとえば、「愛」と「恋」の違いは?ひとくくりにに「love」とは言えない想いがこもっているのです。ぜひ映画と併せてCDもチェックしてください☆ (ちなみに、劇中唯一、一発OKの出た楽曲があります。見た方はきっとすぐ分かると思いますが……そう、あの国民的女性アイドルグループのあの曲です!) 「日本映像翻訳アカデミー」HP⇒こちら   12/20(火)上映終了後 2011年トークゲスト中・紅一点の文筆家五所純子さんをゲストにお招きいたしました。 左から:五所純子さん、松江哲明監督 意外にもおふたりがお話するのはこの日が初めて! 面識はあったそうなのですが、みなさんの前でのトークとなると…松江監督も少し緊張気味でした。。 五所さんは8月に行われた完成披露試写会に続き、この日もスクリーンで改めて作品をご覧になっていただきました。 時が経ち、明るさを取り戻し、移り変わる東京の街と同じで、12月に見ると見え方が違うということをお話いただきました。 さらに、今までの松江監督作品にも触れ、多くのジャーナリストや映画監督が東北を映すなか「なぜ松江哲明はこのときの東京を映すのか」、映画監督・表現者としての姿勢を問う、大変刺激的な一夜でした。 「五所純子さん」HP⇒こちら   12/21(水)上映終了後 批評家の佐々木敦さんをお迎えいたしました! 左から:佐々木敦さん、松江哲明監督 これまでも、松江監督の作品について様々なところで語ってくださった佐々木さんならではの『トーキョードリフター』評。 だけでなく、書籍「映像作家サバイバル入門」にも触れ、現在の日本におけるモノつくりについて、インディペンデント/メジャーの2極ではない部分でいかに作品を作り、人々に届けるか、新しい表現を追求し続けることの苦労・喜びについても、第一線で活躍し続ける佐々木さんならではのお話をしてくださいました。 まだここではお伝え出来ませんが…2012年公開予定の松江監督最新作での試みについても発表。挑戦し続ける松江監督の今後にも期待です。 「HEADZ」HP⇒こちら   ゲストのみなさん、お越しいただいたみなさん、ありがとうございました! 引き続き『トーキョードリフター』をどうぞよろしくお願いいたしますっ!

カテゴリー: 【イベント情報】, 【劇場情報】

ユーロスペースでの上映はいよいよ2012/1/20まで!!!!

いよいよ2011年もあと残すところ1日! 『トーキョードリフター』のユーロスペースでの上映の最終日が決定いたしました。 ちなみに年内の上映は本日12/30(金)まで!松江監督のティーチインあり! ユーロスペースでは 2012年1月20日(金)までの上映になります。 1/2(月)-1/13(金)19:00からの上映 1/14(土)-1/20(金)21:10からの上映 ※1/1(日)が休館日/1/2(月)お年玉サービスデイどなたも一律¥1,000でご覧いただけます。 時間も変更になりますので、お間違い&お見逃しなく。 さらに、劇場トークショーも決定! ◆1/7(土)19:00上映終了後 松江哲明監督×山本寛監督 『私の優しくない先輩』や、『涼宮ハルヒの憂鬱』『らき☆すた』などでお馴染みのアニメーション監督・演出家の“ヤマカン”こと山本寛さんをお迎えします。意外なこの組み合わせ…異種格闘技さながらのトークに期待です! 「山本寛監督」twitter⇒こちら   ◆1/8(日)19:00上映終了後 松江哲明監督×GOMAさん(ディジュリドゥ奏者) WWW1周年記念として製作され「今」と「記憶」が同時に浮かぶ音楽ドキュメンタリー「フラッシュ・バック・メモリーズ」。 1/18(日)スペースシャワーTVにて放送されるこの作品で、 出会った松江哲明監督とディジュリドゥ奏者のGOMAさんによる特別トークショーです。 「GOMA WEB」HP⇒こちら 「フラッシュ・バック・メモリーズ」HP⇒こちら ◆1/12(木)19:00上映終了後 松江哲明監督×池永正二さん(あらかじめ決められた恋人たちへ) 12/15には、『ライブテープ』の上映VSあら恋のライブが行われ、そのときの 『ライブテープ』の映像をバックにしての演奏には、松江監督も痺れたそうです! 映画と音楽、両方の視点から語っていただきます。 「あらかじめ決められた恋人たちへ」HP⇒こちら その他にもトーク予定。詳細はまたこちらのHPでご案内いたします。 最終日決定に伴い、デザイン一新したチラシが完成! 裏面は、「朝」を迎えた前野健太さんが歌いあげる姿がメイン。 ぜひ劇場でお手にとってください。 チラシ詳細は⇒トーキョードリフターチラシ 「今明るさを取り戻している街も、 あのとき確かに暗かった。 それでも、朝は必ずやってきた。 僕らはそのことを忘れない。 2012年を生きていくすべてのひとたちへの物語。」 2012年も、『トーキョードリフター』をどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 【イベント情報】, 【劇場情報】, 【最新情報】

川崎での上映終了&横浜の上映はまだまだ続きます!

いよいよ2011年もあと残すところあと2日!! 12/28(水)で川崎市アートセンターの上映が終了いたしました。 2週間の短い期間でしたが、ご覧いただいたみなさまありがとうございました。 川崎市アートセンターの2011年最後の上映が『トーキョードリフター』でした! さらに最終日ということで、急遽決定した、 松江哲明監督×安岡卓冶さんのトークショーも大盛況でした。 左から:中野香さん(川崎市アートセンター)、松江哲明監督、安岡卓冶さん(映画プロデューサー) 森達也監督の『A』『A2』などのプロデューサーであり、松江監督日本映画学校時代の恩師である安岡さんとのトーク。 最終日ということで劇場からお客さんにコーヒーのサービスも! とてもアットホームな雰囲気のなかでしたが、 長年松江監督の作品を見続けてきた安岡さんならでは視点や、 安岡さん、森達也さん、綿井健陽さん、松林要樹さんが監督をし、 本年度の山形国際ドキュメンタリー映画祭で上映されるや否や賛否両論を巻き起こした『311』という作品にも触れ、 表現者として、いかに作品を作り届けるか、ということにまで広がり白熱したトークとなりました。   また、現在公開中の横浜・シネマジャック&ベティでは来年まで上映が続きます。 さらに、2011年も12/31(土)まで上映されます。 (1/1(日)が休館日で1/2(月)より上映スタートです。) こちらも、劇場の2011年最後の上映作品が『トーキョードリフター』なのです! ぜひ、2011年映画館納めは『トーキョードリフター』で!!

カテゴリー: 【劇場情報】

祝!!「輝け!!第14回みうらじゅん賞」受賞!&PV完成!

12/24ニコニコ生放送にて放送された 「輝け!!第14回みうらじゅん賞」。 今年は、なんと前野健太さんが受賞!! 他の受賞者は、 野口健さん、わさお、ミゲルくん、ピンク・フロイドといった豪華メンバー! 前野さんおめでとうございます!! 『トーキョードリフター』にコメントもお寄せいただいたみうらじゅんさん、関係者のみなさんありがとうございます!   さらに、「トーキョードリフター」PVも完成いたしました! 映画とはまた違った前野健太さんの魅力たっぷりです!

カテゴリー: 【最新情報】

【2011年中の劇場トークショー】

いよいよ2011年も残すところあと10日! 2011年内の追加劇場トークショーが決定いたしました! 12/28(水) 川崎市アートセンター 19:40上映終了後:松江哲明監督、安岡卓治さん(映画プロデューサー) 他ゲスト追加予定。 松江哲明監督の母校・日本映画学校時代の恩師であり、森達也監督『A』、『A2』の製作も務めた映画プロデューサー安岡卓冶さんを迎え、緊急トークを開催! その他ゲストも鋭意交渉中! 川崎市アートセンターでの上映はこの日12/28が最終日。 さらに、なんと映画館の2011年最後の上映作が『トーキョードリフター』! お近くの方はぜひお越しください!   さらに、ユーロスペースでも年内追加トーク決定! 12/29(木) 19:00上映終了後:松江哲明監督によるティーチイン 12/30(金) 19:00上映終了後:松江哲明監督によるティーチイン   こちらも年内最後の上映が12/30です! 松江監督、スタッフ一同、どうしても2011年のうちに公開したいと思っていた『トーキョードリフター』。 3月、そして映画が撮影された5月とは、東京の街は変わってしまっているけれど、 だからこそ、今こそ見て、感じてほしい映画です。

カテゴリー: 【イベント情報】, 【最新情報】

【掲載情報】「サイゾー」五所純子さん映画評&松江哲明監督×九龍ジョー氏

【掲載情報】お知らせします。 雑誌「サイゾー」(12/18発売号)→五所純子さんによる映画評 「ライブ映像の新視点」として、他に大友良英さん、ザ・クランプスと一緒にご紹介いただいております。 明日12/20のトークゲストである五所純子さんが、東京の暗さ、目に見えるもの、見えないものについて、評を書いてくださっています。 トークでもじっくり松江監督と語っていただきたいと思います! さらに「サイゾー」の今号の特集は、テレビ! そのなかで、『トーキョードリフター』制作スタッフでもあり、パンフレットにも寄稿していただいている、ライター・編集者の九龍ジョーさんの原稿も。 題して「死んだテレビの“裏”事情|タブーなきテレビドキュメンタリー」!! そのなかでは、松江監督もインタビューに答えており、今年観たドキュメンタリーのベストといえる作品などを語っております。 松江監督作品にはテレビドキュメンタリー、テレビ番組が大きな影響を与えているともいえます。 その流れについて、 【松江哲明グレイテスト・ヒッツ1999-2011】のチラシ用に九龍ジョーさんが、 寄せてくれたテキストを、HPでも大公開!⇒こちらから!ご覧いただけます。 テレビや映画、ドキュメンタリーとフィクションの枠を自由に飛び越えたつくりをしている松江作品について、読み解くきっかけになるかも! なるほど、、勉強になります!! ちなみに「サイゾー」内で松江監督がオススメしているテレビ番組のひとつ「河本準一のイラっとくる韓国語講座」。 こちら相っ当面白いらしいです!くわしくはぜひ紙面をチェックしてくださいっ!

カテゴリー: 【メディア情報】, 【最新情報】

川崎&横浜も公開スタート!

12/17(土)より川崎市アートセンター、横浜シネマ・ジャック&ベティでの上映がスタートいたしました! 両劇場では松江哲明監督×前野健太さんによる舞台挨拶も行われました! 川崎市アートセンターは 松江監督の母校である日本映画学校(現・日本映画大学)のある新百合ヶ丘にある劇場です。 松江監督は「学生時代は明るい思い出ばかりではないので…思い出して、ここへ来る小田急線が少し辛かったです。」と笑いを誘いました。 ちなみに、この日司会を務めてくれた川崎市アートセンターのスタッフ・中野さんも、日本映画学校の卒業生で松江監督の後輩にあたります! 左から:中野香さん(川崎市アートセンター)、松江哲明監督、前野健太さん 雨の中の撮影ですが、かぜをひかなかったのですか? という質問には、「撮影の後に松江監督がたっぷりごちそうしてくれたので大丈夫でした。 当日は体調があまりよくなかったけど、一番高いユンケルも買ってくれたので!」と前野さん。 さらに撮影で大変だったことを聞かれると、 「夕方から明け方までまる10時間ライブをしてもらったようなものなので、前野さんは本当に大変だったと思います。」と松江監督が答えると、 すかさず前野さんは「それより、サングラスが一番大変でした!夜だし暗いし…全然手元が見えなくて。あと実は衣装もすごいこだわっているんですよ。バイクだって…」と息のぴったりな掛け合いが。 実は映画に出てくるバイクは、前野さんの愛車で、今は生産されていないそうで、なかなか見かけない車種だそうです。 松江監督がたまに街であのバイク見かけると、「あぁ前野さんこのへんにいるんだな、って思いますよ。」とほほ笑むというと、 焦ったように前野さんが「みなさんはバイク見つけても、僕のことは探さないでくださいね!そっとしといてくださいね!」と会場を沸かせました。   続いて、横浜シネマジャック&ベティでもお二人のトークショー。 「ジャック&ベティはとても大好きな劇場です。爆音も、ここで見てましたよ。」と松江監督もしみじみ。 すでに見るのが二回目(!)というお客さんからは、 今までの松江監督の作品とはまったく違うつくりになっているけど、どうしてこれまでのやり方を捨ててまでこういうつくりかたにしたのか、という鋭い質問も飛び出しました。 松江監督は、 「不親切に見えるかもしれないけど、こうしたかった。今まで信じてきたものをリセットして、良い/悪いの価値観じゃないところで映画をつくりたかった。僕の好きな映画は、強い声ではなく声にならないものを描いた作品だし、だから自分も声にならないようなものを表現したかったから。」と熱く語りました。 松江監督の新しい映画つくりとなっている『トーキョードリフター』。 どんなつくりになっているか、松江監督の意図は、ぜひスクリーンで感じてみてください。 さらに、松江哲明×前野健太の関係性を、と問われると、 「友達じゃないんですよ…ライバルというか、えぐりあいですね。もう。」と前野さん。 「トーキョードリフター」の歌詞を松江監督に頼んだことも踏まえ、 「今回で今までより、一歩進んだ関係性になれたと思います。ぶつかっていくだけじゃなくて、松江監督を愛してみよう、と思っていました。」 と二人の表現者としての関係性についてもお話くださいました。 とても寒さの厳しい夜でしたが、たくさんの方に劇場までお越しいただき、あたたかい気持ちになりました!ありがとうございました。 川崎市アートセンターは、12/28までの上映です。なんと2011年最後の上映が『トーキョードリフター』ということです! 横浜シネマジャック&ベティは来年まで上映予定です。   現在公開中の劇場は、 東京渋谷・ユーロスペース 神奈川・川崎市アートセンター 神奈川・横浜シネマジャック&ベティ です。 ぜひ今年、2011年のうちにぜひ見てもらいたい作品です。 … 続きを読む

カテゴリー: 【イベント情報】, 【最新情報】

緊急トークショー「311以後の表現をめぐって」無事終了!ありがとうございました!

12/16(金)ユーロスペースでの上映終了後、 「311以後の表現をめぐって」と題して、緊急トークショーが行われました! 松江哲明監督、 熊本で新政府を立ち上げている建築家・作家の坂口恭平さん、 前野健太さんのレビューも多数書かれている(「DV」にも出演されています!)音楽ライターの磯部涼さん、 そして、『トーキョードリフター』にも大きな影響を与えていた岡本太郎「明日の神話」で福島第一原発の画を追加したことも記憶に新しいアート集団Chim↑Pomの卯城竜太さんをお迎えし、 『トーキョードリフター』制作スタッフでもある九龍ジョーさんが司会を務めた、 超豪華トークショーが行われました。 左から:九龍ジョーさん、磯部涼さん、卯城竜太さん、坂口恭平さん、松江哲明監督 坂口さんと、卯城さんはこの日のスクリーンで『トーキョードリフター』を初めて見、まさに超リアルタイムでの感想をいただきました。 また、完成披露試写が行われた8月に見ていた磯部さんからは、 作品の必然性や“被災地”という言葉の意味について、しいては松江哲明×前野健太×映画の関係性など、忌憚ないご意見をいただきました。 『トーキョードリフター』について、 さたに表現者としてのそれぞれの「311」について、そして「東京」についてなど、あつく語っていただきました。 急遽にも関わらず、素晴らしいトークショーで、 ご出席いただいたゲストのみなさん、お越しいただいたみなさん、 本当にありがとうございました! この模様は後日じーっくり公開予定!どうぞお楽しみに! ユーロスペースを出ると、街はクリスマスムードで明るく着飾っていますが、 5月の東京のうす暗くモヤモヤした“あのときの今”を記録した『トーキョードリフター』、 ぜひ“今”こそスクリーンで見ていただきたいです。

カテゴリー: 【イベント情報】, 【最新情報】

超緊急トークセッショー 311以後の表現をめぐって

つ、ついさきほど決まったことです。 明日12/16(金)、ユーロスペースでの19:00からの回上映終了後の松江哲明監督トークに、磯部涼さん(音楽ライター)、坂口恭平さん(建築家、作家)、卯城竜太さん(Chim↑Pom)が超緊急参戦することになりました!! 司会は九龍ジョーさん(ライター)。この機会にぜひご来場ください!!!

カテゴリー: 【イベント情報】, 【劇場情報】

CD「トーキョードリフター」発売!

12/14(水)よりCD「トーキョードリフター」発売になりましたっ! 新宿タワーレコードの模様↓ 「日本のボブディラン!!!!」 渋谷タワーレコードの模様↓ 「この歌には「愛」と「希望」そして今を生き抜く「強さ」がある」 いろんなところでパワープッシュ中! ぜひぜひお早めにゲットしてください! さらに、発売記念・タワーレコードインストアライブも開催します! ◆12/21(水)大阪・梅田shangri-La(アウトストアイベント) ◆12/22(木)愛知・名古屋 パルコ店 ◆12/24(土)東京・新宿店屋上 詳細は⇒こちらから さらに、前野健太さん公式HPでは、 「トーキョードリフター」(前野健太×アナログフィッシュver.)PVのトレーラーも公開中! 全編公開までしばしお待ちください!

カテゴリー: 【最新情報】